ミンミン爺の眠りのお話;第10話蛍光灯は体に悪い
蛍光灯は体に悪い
夜遅くまで蛍光灯などの明るい光を浴び続けていると
メラトニンの生産がストップしてしまいます。
メラトニンは睡眠のリズムを調整し
良質な睡眠に導く効果があります。
さらに、
●老化の原因といわれる活性化酸素を中和する働き
●解毒作用
●がん細胞などに対抗する抗腫瘍作用などの働きがある
これも宮崎総一郎先生のご本からじゃ!
きのうのお話と少しかぶるな。
夜遅くお父さんとコンビニへ行ったことある人?
へえ!結構いますねえ
何でもあって、便利だし、楽しいよね!
近くにいいとこあって、うれしいもんな!
そうだよ。君たちはいい時代に生まれたね!
苦労せずに何でも手に入ってしまうよね。
でもそんな時間は本当なら寝ているころだよね
寝る時間のころは暗いのが普通だろ?
むしろ、暗くないとなかなか眠れないじゃろ。
人間は本来明るくなると目が覚めて、食べるために活動し
暗くなると活動が鈍くなり、体を休めるために眠るんじゃ。
動物を見てごらん。同じじゃろ?
実はこの寝ている間に、昼間疲れたり痛んだ体を
修復しているんじゃ!それがメラトニンの働きじゃな
夜蛍光灯や明るい光に合うと、そのメラトニンの生産が
少なくなってしまうんじゃ?
寝不足が続いたり、夜遅くまで明るいところにいると
病気になりやすくなってしまうんじゃ
今日は早くにしっかり眠ろうね
大人が少し騒いでいても、素知らぬ顔で
「おやすみ」を言ってしまおう・・・・・・

 

 

最近の研究ではLED--とくにブルー系は

からだに悪影響を及ぼすといわれるようになりました

光の性質が身体にはよくないそうです

世の中は便利さや経済性が優先され

照明はLEDに置き換えようと進んでいます

今、もっといい活用ができないか検討段階に入っているそうです