子どもさんの眠りは大丈夫?

眠りのレポートを作成中に

「子どもの睡眠ー眠りは脳と心の栄養」神山 潤著 芽ばえ社

の本に出会いました

日本の子どもさんはそのやく半数近くが

夜10時以降の「遅寝」をしているそうです。

これは世界の中でもダントツに多いそうです。
3歳児以下の子どもさんのデータでも2000年の

調査では50%を超えています。

外国たとえばオーストラリアの子どもさんは4%です
遅寝はなぜいけないのでしょうか?

この本の中で神山先生は子どもさんの遅寝について

警告を発しておられます。

 

子供さんの遅寝はなぜいけないのでしょうか?

●まず睡眠時間不足になります。

結果肥満になりやすくなります。

寝不足すると甘いものを食べたくなることが

実験によって実証されたと朝日新聞が報道していました
●心身の成長を妨げます。

睡眠は身体の成長を促したり、脳が成長しています。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されています
●生体リズムが乱れ、疲れやすくなったり

食欲や集中力が減少します。
●イライラ、感情コントロールが困難になります。

イライラしたり攻撃的になります。
●食習慣が不健全化され、肥満になりやすくなります。
●メラトニンの分泌が減少して老化促進やガン化が促進されます。

特に1歳から5歳のときにメラトニンはたくさん分泌されます。
次に今のお子様の状態をチェックして見ましょう

(お子様の生体リズムチェック)より抜粋しました
1、お子様は肥満ですか?

① -30%以下か+30%以上

②+-30~15%

③+-15~15%
2、朝は何時に起きますか?

①8時以降

②7~8時

③7時前
3、朝は自分で起きられますか?

①いつも起こされる

②時々自分で起きる

③たいてい自分で起きる
4、朝ごはんは食べますか?

①いつも食べない

②時々食べる

③たいてい食べる
5、午前中のからだの具合は?

①だるく疲れる

②時々元気がない

③たいてい元気だ
6、昼間に眠くなりますか?

①毎日眠くなる

②時々眠くなる

③ならない
7、毎日どれくらい運動しますか?

①30分以内

②1時間以内

③1時間以上
8、毎日どれくらいの時間テレビゲームなどをしますか?

①1時間以上

②30分から1時間以内

③30分以内
9、ちょっとしたことでイライラしますか?

①よくある

②時々ある

③ほとんどない
10、気分が落ち込むことがありますか?

①よくある

②時々ある

③ほとんどない
11、夕食は?

①一人で食べる

②時々一人で食べる

③いつも家族と食べる
12、寝る前に夜食を食べますか?

①たいてい食べる

②時々食べる

③食べない
13、寝る時間は?

①毎日ばらばら(2時間以上ずれる)

②たまにずれる

③だいたい決まっている
14、寝る時間は?

①10時以降

②9~10時

③9時前
15、寝つきは?

①悪い

②時々寝つけない

③寝つきはよい

 
●当然①が悪く、③がよい状態です。

チェックシートに基づいた判定があります。

詳しくは「子供の睡眠ー眠りは脳と心の栄養」参照
いかがですか?
子供さんの遅寝を改善すること、

睡眠や生活のリズムを一定にすることによって

子どもさんが健全に成長できると
神山先生は語っています。

詳しくは神山先生の本を参照してください。

転載不可に付きここではご説明できません。
神山潤著 「子供の睡眠ー眠りは脳と心の栄養」 芽ばえ社

は上郷図書館にあります。
もしくは、ホームページ http://www.hayaoki.jp

「子どもの早起きをすすめる会」をご覧下さい。
おすすめはレポート「なんで眠りが大切なのか?」

http://www.hayaoki.jp/gakumon/nemuri.pdf です
□当店では子どもさんの眠りを大切にした

「おふとん作り」をおこなっています。

いい眠りにはおふとんも大事ですね!
子供さんのおふとん、お手入れやメンテナンス十分ですか?

お気軽にご相談下さい。
桜町駅から見えるお店 (飯田市大門町111番地)

小池ふとん店
営業9:30~18:00

水曜定休 問合せ 0265-22-2374